災害によって甚大な被害を受けた場合

このエントリーをはてなブックマークに追加
(災害によって甚大な被害を受けた場合)
70の7‐52 措置法第70条の7第30項第1号に規定する「災害によって甚大な被害を受けた場合」とは、次の算式を満たす場合をいうことに留意する。
 (算式)
認定贈与承継会社の災害により滅失をした資産(特定資産を除く。)の貸借対照表に計上されている帳簿価額の合計額 30
災害が発生した日の属する事業年度の直前の事業年度終了の時における認定贈与承継会社の総資産の貸借対照表に計上されている帳簿価額の総額 100
(注) 上記算式における「滅失」には、通常の修繕によっては原状回復が困難な損壊が含まれることに留意する(以下70の7の4‐10の2までにおいて同じ。)。