非上場株式等に該当しないこととなった場合等の意義

このエントリーをはてなブックマークに追加
(非上場株式等に該当しないこととなった場合等の意義)
70の7‐25 措置法第70条の7第3項第15号の「当該対象受贈非上場株式等に係る認定贈与承継会社の株式等が非上場株式等に該当しないこととなった場合」とは、次に掲げる場合をいい、「その該当しないこととなった日」とは、当該場合の区分に応じ次に定める日をいうことに留意する。
(1) 措置法規則第23条の9第7項第1号に規定する金融商品取引所(金融商品取引所に類するものであって外国に所在するものを含む。)への上場又は当該上場の申請がなされた場合 当該上場の申請がなされた日(申請が不要の場合には、当該上場がなされた日
(2) 措置法規則第23条の9第7項第3号に規定する店頭売買有価証券登録原簿(店頭売買有価証券登録原簿に類するものであって外国に備えられているものを含む。)への登録若しくは当該登録の申請がなされた場合 当該登録の申請がなされた日(申請が不要の場合には、当該登録がなされた日
(注) 持分会社の出資の場合にも、上記に準ずることに留意する。