代表権を有しないこととなった場合の意義

このエントリーをはてなブックマークに追加
(代表権を有しないこととなった場合の意義)
70の7‐16 措置法第70条の7第3項第1号に掲げる「代表権を有しないこととなった場合」とは、次のいずれかをいうことに留意する。
 ただし、次のいずれかに該当する場合であっても措置法規則第23条の9第17項に掲げるいずれかの事由に該当するときは、措置法第70条の7第3項第1号に掲げる「代表権を有しないこととなった場合」には該当しないことに留意する。
(1) 経営承継受贈者が有していた制限のない代表権を有しないこととなった場合
(2) 経営承継受贈者が有していた制限のない代表権に制限が加えられた場合