経営承継受贈者を判定する場合等の議決権の数の意義

このエントリーをはてなブックマークに追加
(経営承継受贈者を判定する場合等の議決権の数の意義)
70の7‐12 措置法第70条の7第2項第3号ハ及びニの要件を判定する場合の同号ハの「議決権の数」及び「総株主等議決権数」並びに同号ニの「議決権の数」には、次の(1)及び(2)に掲げる株式等に係る議決権の数が含まれることに留意する。
(1) 株主総会等において議決権を行使できる事項の一部について制限がある株式等
(2) 株主総会等において議決権を行使できる事項の一部について制限がある株主等が有する株式等
(注)
1 措置法第70条の7第2項第3号ハ及びニの要件の判定は、対象贈与直後の株主等の構成により行うことに留意する。
2 措置法令第40条の8第1項第1号イ及びロの要件、措置法規則第23条の9第35項第1号及び第2号の要件、同条第39項第1号及び第2号の要件、措置法令第40条の8第7項の特別の関係がある会社並びに同条第11項の特別の関係がある者を判定する場合も上記に準じて行うことに留意する。