資産の取得に要した借入金の利子

このエントリーをはてなブックマークに追加

新たな(不動産所得、事業所得、山林所得又は雑所得を生ずべき)
業務を開始するために
業務用固定資産を取得した場合、
その資産の使用開始の日までの期間分については必要経費としないで、
その資産の取得価額に算入することになっています


 
不動産所得、事業所得、山林所得又は雑所得を生ずべき業務を開始する前に、
当該業務の用に供する資産を取得している場合の
当該資産の取得のために借り入れた資金の利子のうち
当該業務を開始する前の期間に対応するもの
 
固定資産の取得のために借り入れた資金の利子
のうち、
その資金の借入れの日から当該固定資産の使用開始の日
(当該固定資産の取得後、当該固定資産を使用しないで
譲渡した場合においては、当該譲渡の日。)
までの期間に対応する部分の金額は、
業務の用に供される資産に係るもので、
当該業務に係る各種所得の金額の計算上
必要経費に算入されたものを除き、
当該固定資産の取得費又は取得価額に算入する。
固定資産の取得のために資金を借り入れる際に支出する公正証書作成費用、
抵当権設定登記費用、借入れの担保として締結した保険契約に基づき支払う保険料その他の費用で当該資金の借入れのために通常必要と認められるものについても、同様とする。
その借り入れた資金が購入手数料等固定資産の取得費に算入される費用に充てられた場合には、その充てられた部分の借入金も「固定資産の取得のために借り入れた資金」に該当する