生産緑地の評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
40‐3 生産緑地(生産緑地法昭和49年法律第68号第2条《定義》第3号に規定する生産緑地のうち、課税時期において同法第10条《生産緑地の買取りの申出》の規定により市町村長に対し生産緑地を時価で買い取るべき旨の申出以下「買取りの申出」という。を行った日から起算して3月生産緑地法の一部を改正する法律平成3年法律第39号附則第2条第3項の規定の適用を受ける同項に規定する旧第2種生産緑地地区に係る旧生産緑地にあっては1月を経過しているもの以外のものをいう。以下同じ。)の価額は、
その生産緑地が生産緑地でないものとして本章の定めにより評価した価額から、その価額に次に掲げる生産緑地の別にそれぞれ次に掲げる割合を乗じて計算した金額を控除した金額によって評価する。
(1) 課税時期において市町村長に対し買取りの申出をすることができない生産緑地

課税時期から買取りの申出をすることが
できることとなる日までの期間
割合
5年以下のもの 100分の10
5年を超え10年以下のもの 100分の15
10年を超え15年以下のもの 100分の20
15年を超え20年以下のもの 100分の25
20年を超え25年以下のもの 100分の30
25年を超え30年以下のもの 100分の35

(2) 課税時期において市町村長に対し買取りの申出が行われていた生産緑地又は買取りの申出をすることができる生産緑地
 100分の5